スズノネセブン! レビュー

GenerationからのTrial!

f:id:LikeLife:20150320195439j:plain

【スズノネセブン!】情報ページ公開中!

スズノネセブン!

スズノネセブン!

 

 

シナリオ雑感
 

という訳で『サキガケ⇒ジェネレーション』をプレイしたので、その次の世代『スズノネセブン!』をしましたん。

そもそも、スズノネトライアルに参加する落ちこぼれって言うのは全員が全員落ちこぼれという訳ではなくてやる気が無いとか魔法が暴発するとかそういった「厄介者」が集められる訓練場って感じですね。

主人公の課題が「誰かのために魔法を使う」という問題なのでトライアルに参加する子とイチャイチャしだす、という萌えキャラゲーとも言える部分も存在していて、ソツがない感じでした。

褒められる部分は平凡且つ「丁寧な萌えキャラゲー」に仕立て上げてあるところと、短いけれどちゃんと「萌え・燃え」られるシナリオであるというところ。

嫌悪するキャラクターが居ないのもそうですし、仲間と過ごす期間というのもすごく良いし、ほのぼのする「恋愛」ゲームだと思います。個別ルートに関しては好き放題やってる感じがありますが、「キャラ萌え」路線は絶対外してないし、ご都合主義だけどハッピーエンドにまとめ上げる、というテンプレート萌えキャラゲーとしての出来やまとめ方は非常に高いです。

そして、何より一貫して主人公が格好良いと言う部分も素晴らしいと思われます。後、サブキャラたちが文句なしで良いってところ。

複数ライターだと主人公の性格にバラつきが出ると思うのですが、スズノネセブン!では見られなかった。朴念仁ではなくちゃんと恋愛に向かってる。対ヒロインズとの関係が見いだせてそれも良かったです。

このゲームの一番の問題はスズノネとサキガケが繋がってる世界観ってところですかね。

『スズノネセブン!』だけだとバックボーンがわからず、置いてけぼりになる人も多いかもですし、じゃあ先に『サキガケ⇒ジェネレーション!』やるべき?と考えると微妙な感じ。妙にスズノネとサキガケの繋がりを強くしたクロシェットの問題だと思われます。『カミカゼ☆エクスプローラー!』も若干繋がりがあるようですし、全部が全部サキガケ→カミカゼ→スズノネって繋がるわけでは無さそうで、それが例えばゆずソフトの背景キャラみたいに地味に出てくるのならば分かるんですけど、如実に出られると困っちゃうなぁって感じはします。

 個人的に、スズノネトライアルは「合宿」なんだから主人公対ヒロインの関係じゃなく付き合ってからも共通ルートのように主人公とヒロインとトライアルの仲間みたいな関係図が見たかったかなーと思ったり。でもそうすると絶対的にイチャラブがなくなると思うので難しいですよね。

 正直、「スズノネセブン!」と「サキガケ⇒ジェネレーション」だったらどっちが面白い?と聞かれたら間違いなくこっちですね…。演出も古いし、システム的にもゆるいんですが…。安定した萌えシナリオって大事だよね、っていう結論になりそうです。

システム
 

BGMの音量大きすぎるよ!どうなってるの!

f:id:LikeLife:20150320131719j:plain

スキップはサキガケよりも速く、次の選択肢に移動や戻るのフローチャートシステムも根幹はしっかりしてるのにも関わらず、BGMが異様に大きく、デフォルトだと効いてられないぐらい大きかったです。

アップデートパッチ1.1付けても大きかったのでそこらへん微妙。 

後、演出がチープすぎ。いくらなんでも、同じ魔法学園ものだったら「はぴねす!」ぐらいドンパチやって欲しかったなぁ。まぁ後々のゲームで良くなってるのでまぁそこは及第点ですけど。

 

CG・Hシーン
 

安定の萌えゲーですね。各4シーン(+シマリリ枠1)は09年代のゲームにしては多めではないでしょうか。

クロシェットと言えば( ^ω^)おっぱいってイメージが付いてるんですが、御敷仁先生のデビュー作だからでしょうか、あんまりおっぱいおっぱいしてませんでした。

あまり過剰な奇乳だとこっちも萎えるんでこのぐらいが良いなぁ。(仁乃とか)

塗りも淡白でクドクドしくなくて自分は好きですね。

 

その他

シナリオの出来は

仁乃>すみれ>柚子里>>美奈都

かなあと。柚子里ルートはシマリリとの関係と本人の夢などつめ込みすぎて長くなってる印象で、逆にすみれの場合、スズノネトライアル無視っていいの?という謎が残り結局、一番青春してる仁乃が一番オーソドックスで普通の恋愛ものとしては面白かったです。友情・努力・勝利!少年漫画じゃないですが、家族または友人が出来なかった事を未来の世代が成功させるっていうのはホントオーソドックスですが面白いですし、若さを感じます。こっちもNEXT Generation!ってかんじですけどね。

後、個人的に桃子、静穂さん、要先生、学園長も好き。

f:id:LikeLife:20150320212213j:plain

 スズノネセブン!FDも出ているようですが、あまりにも綺麗に終わったので静穂さんや要せんせーなどのHシーンは期待しないようにします(買わないよという意)

 

 

 

城戸幸村

そもそもがしっかりしているし、ソツがない感じの主人公でした。

しかしその性格ゆえにアンチ魔法派。

トライアル課題は「誰かのために魔法を使うこと」

幸村は魔法工学科なので”とんち”を利かせて魔法を使わないと駄目という設定故に賢い子でした。柚子里ルートなんかではちゃんと魔法を使えるように、と頭を下げるし、魔法工学を使って友人を助けたり、すみれの願いを積極的に解決しようと奮闘する当たり、ド真面目ないい子と言う感じがあってとても良かった。

また、幸村が困ってるとヒロインたちが一所懸命に「魔法の使えない幸村に対しどうハッタリを効かせてトライアル成功させるか」と向き合うところも非常に好きですし、ちゃんと告白して付き合うことになってイチャラブする相手としては充分だったかと。

 

 

美奈都

f:id:LikeLife:20150320131033j:plain

美奈都も魔法工学科なので特に魔法を使ってる、という印象はありませんでした。

課題も論文だし。どっちかというと、兄の真とコンビ組んでボケ倒す感じですね。

美奈都ルートは「マジックドラッグ(魔法ドラッグ)」の使用と「三年前の事故」がキーポイントなのですが、折角盛り上がる部分に対して主人公もトラウマを克服し、アンチ魔法を脱却する部分は評価できるんですが、些か「三年前の事故」と「マジックドラッグ(魔法ドラッグ)」に関しての掘り下げが無く、突然美奈都が事故に巻き込まれて、瀕死の重体に為っている美奈都にシズホドライブを使って、蘇生させ、死にそうになっていた美奈都が生き返り、真が感謝をしたので、スズノネトライアル終了!って感じなんですよね。一応、誰かのために魔法を使うって言うポイントを圧えてあるんだけど、なんか消化不良気味。

真もなんだかんだでトライアル課題終了し、美奈都奮闘、その論文が魔法学会で評価され、一緒にバカンスイチャイチャって感じ。

友情発展恋人行きっていう美味しいポイントなのにあんまり生かされてない感じがまた微妙。

真と美奈都と幸村の三馬鹿見てるほうが楽しかったかな。

 

柚子里

f:id:LikeLife:20150320133655j:plain

金髪・ツインテール・お嬢魔法少女ミラクル☆シトロン!

といっても高飛車な訳ではなくてツンデレと言うほどツンデレではないし、「魔法を使えるようにしてくれ」という幸村の願いを叶えようと必死になる先輩超可愛かったです。それをしながら超昂天使エスカレイヤーミラクル☆シトロンなって深夜893退治してる姿とか可愛かったですね。後、シマリリ。

シマリリが柚子里に対する思いも深く、それを嫉妬するシマリリ可愛いし、シマリリが柚子里に近づくな!とか牽制するわけでもなくあくまでも『柚子里の幸せ』を優先していて、嫌味や三角関係にあり得る病んでるレズでもなかったのでシマリリの好感度はかなり高いです。

結果的に偶然桃子の作ったスペルカードで柚子里の使い魔になるとは思いませんでしたが、柚子里の願いは『マジカル☆るるなに出てくる魔法少女みたいにお供の小動物と一緒に闘うこと』が願いであったが故に合格。何故柚子里が毎晩魔法少女をやっているのかと言うと、シマリリの両親を殺した保村をやっつけたいという理由があり、やっていたとのこと。

その後、まさかシマリリと戦ったりシマリリと共闘して保村をやっつけたりして、なんとかシマリリのトライアルも終了し、その功績を認められ柚子里はアルカナ・ウィングに所属決定。その後、イチャラブして数年後幸村もアルカナ・ウィングのアイテム部に就職することになり、というエンド。

なんといっても、柚子里ルートはバトルが多いので演出があまりにもお粗末だったのが一番の問題点かなぁ~。はぴねす!はもっと動いてたし綺麗だったのでなんとも。まぁ後々改善されるので問題は無い、かな。

魔法バトルと言っても魔法陣が光り動くだけなんですよね。後は、シマリリとの問題でしょうか。結局、演出にしろシナリオにしろ蛇足っぽいんですよね。

柚子里もシマリリもキャラ立ては非常に高いからこそ勿体無いッス。

後、ちっぱい枠はやっぱ必要だよ

 

すみれ

f:id:LikeLife:20150320181748j:plain

代官山十四郎(J.D.=サキガケ)の孫。共通からしてすみれは超魔力を持ちつつも、本人がやる気無いため魔法を使わず、その上魔法知識が現代版でなく、過去の遺物として使われていた時代の魔法使いという、まぁある種の『劣等生』すな…。

ある種の残念な娘。いや、環境(姉の桃子)もありそうですけど。

何故かすみれルートだと父親からの残した言葉を頼りにスズノネ学園でのかけがえのないものを探しだす」というシナリオ。

最初から幸村と行動を共にするため、恋人同士になっていないにも関わらず結構イチャイチャというか「彼女だけ」の行動が多いような気がする。 

 トライアルは?課題は?という謎は沢山あるのですが、父親からのメッセージが見つかった際に鳴り響いた「鈴の音」が「スズノネトライアル!」なんだろうなーとぽわっと想像。

父親から残された言葉を頼りにスズノネ学園でかけがえのないものを探し出す」という事を手伝ったと言う理由ですみれルートでのトライアル課題は合格となっていたし、結局すみれから「恋の魔法」をかけられてるってオチでトライアル終了って事ですが、それと十四郎との和解?みたいなものも若干ありますし、全部が全部イチャラブってわけでもないようなあるような。

しかし、官山一族の変人ぶりやらすみれの可愛さやらを総合的に考えるとまぁ打倒なシナリオだなーと。黒いしロリィし可愛いし。ワルツを踊った当たりは不覚にもジーンとなりましたしね。

イチャラブ度としては一番高いかもしれない。ただしシナリオの中身としてはほぼゼロに近いのが辛いところ。

 

仁乃

f:id:LikeLife:20150320194000j:plain

f:id:LikeLife:20150320200804j:plain

結構序盤から真面目に課題に取り込む二人って感じですね。

仁乃の魔力暴走は璃々子の元ネタなのかな。

仁乃ルートが一番青春してる感じもありますし、如何に「スズノネ学園」が特異な場所なのかが一番表現されていると思います。

特に初Hからの次の日会えない→事故→十四郎の忠告。

それでも逢瀬をしたいが為に要先生とバトる当たりがとても青春してるなーって感じがとてもいい。

そして仁乃のトラウマは母親のドライブ暴走を直接見ているから、とかとても納得できました。

箱庭プロジェクトを成功させろとの仁乃母からのメッセージ、糾弾される仁乃の為にペンを走らせるすみれ、十四郎に換金されているすみれを助け出す美奈都、飛んでいる方舟を眺めてる要、仁乃、十四郎、魔法で見てる仁乃母。

実は今でこそ天才魔法工学者である静穂さんですら実は「スズノネセブン」以上の素質を持つスズノネセブン!だったという結論とか、泣きはしませんでしたがジーンとしました。

スズノネセブン万歳万歳。

Copyright © 2016 ブログ名 All rights reserved.