読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エロゲができない自分が生まれた

近況報告

某大学経由で自分の某企画論文(?)が回されていることを本日のゼミ交流カラオケで気づいてぴゃああああああとなっている。いやマジで。
いやまじであれβ版以下の存在でしてそんなに舐めるように読まんといてくださいマジで
という感じで相変わらず院生エンジョイしすぎてエロゲから離れてる気がしますね、OSX楽しい。Linux楽しい。
本音を言うとMBAかMBP、iPad版Air2欲しい。Renta版な。
故に
学業+艦これ(遠征)+デレステ+塔(その他DMMオンゲ)やってるとぐるぐる日にちが過ぎていく。
去年の今頃みたいにやることが見つからず、指示されず、単位だけを取りに行くために大学院に行くより全然毎日楽しいですよ。
圧電ブザー好き、圧電センサー好き、加速度センサーの値見るの好き、音センサも好き、ハンダ付け好き、筋電図好き、Ruby楽しい、Python楽しい、やっぱり自分はプログラム好き!って実感できる、それは嬉しいし生きがいにもなるねーと反面。
以下鬱っぽい投げやりな文書てきとー。

エロゲができない自分が生まれた

勿論、wine入れてnihonshu入れてビルドすればOSXで動くんだろうけど相対的にエロゲプレイ時間が減る。
後、手を付けてるのが「調教SLG」/「開発SLG」/「RPG
そりゃエロゲプレイ時間減るに決まってるよ
別の視点で考えると長時間PCに座り込んでキャラクターのやり取りを見てるのも楽しんだけど、辛い。
特に「ピュア×コネクト」とかな。
理由は簡単。
リアルとの乖離が辛いんだと思う。
イチャラブゲーは脳内真っ白にしてただキャッキャウフフしてるのが楽しいんだけど、それが終わった後の無力感が辛すぎて駄目。
リアルが充実してるわけじゃない。
寧ろ、シンデレラみたいにしたたかガッツリ化粧品を買って、お洋服を買って靴を買って…王子様に会える環境を探しだすのも正しいと思う。
自分を可愛く見せるのも大切なプロセスだと思う。
だけどそれもムリなんだよ。
だって人間怖いんだもん。
人間怖いくせに人間に近づこうとするのって無理ゲーじゃねぇのって。まずそこから治さなきゃどうしようもない気がするんだよね。
その鬱憤晴らしや現実が上手くいかない様子をPCの中に入り、エロゲの主人公として世界を楽しんでたからエロゲがすっごい楽しくて何本もやれたんだと思うなぁ。
いろんな人がどんどん大人になって社会に出て、出会って、別れて、を繰り返して
正直、苛立ちも感じたしなんで永遠って無いんだろうなとか幼稚な考えで過ごして

春が来てずっと春だったらいいのに(Kanon/真琴)
この日が永遠にずっと続けばいいのにな(リトバス/恭介)

思ったよ、思うよ。今でも10年前に戻りたいよ。
でも現実は違うのかもしれない、ブログに自分の思いを綴ってTwitter見てキャッキャウフフして、ゲームしてるのは逆に成長できないのかもしれないなぁと。
だから大人になるに連れてゲームから離れていく人が多いのかな、とも思った。
ココロ@ファンクションのオープンマインドが欲しい今日このごろ。
ピーターパン症候群やシンデレラコンプレックスとかなのかもしれないなぁ。
大人になる環境になって大人として認められて嬉しい半面、どうも心が開けないし、リア充爆発しろ!みたいな思考がずーっとあるのは終わるべきモラトリアム期を未だにずるずると続けているからかもしれない。
プログラムだって0か1かで割り切ってるわけじゃなくて浮動小数点演算してるわけで…うん。
なんだかなぁ。
同時期に「それ散る」の批評を某所で見て、ああ、「失恋」という行為って大切なのかもな、と。
大昔、それもぞんみとこども先輩ルートのみしかやってないから記憶はかなり曖昧だけれども、終盤舞人と桜の精霊?舞人と同類の朝日と桜花に真っ向面から
俺はそれでも好きになったんだ、どうしても止まらないんだ
という決意をして恋愛を続けようとするけれど、突如ヒロインが付き合っていた記憶がなくなる、でも最後はハッピーエンドになる結末で、
正直、当時のゲーム視点からすると超メジャーなのよね。
病気になったり記憶がなくなったりお涙頂戴系のゲームって多かったし、旧BasiLの経営不振で王氏が(プロットはできていても)書ききれなかった、続編である「けれど輝く夜空のような」が発売出来なかった経緯とか考えるとある種「それ散る」ってリアルよね。
書ききれなかったからこそのリアルさというのかな。
他者に裏切られる覚悟をして人と付き合っていかなければ駄目なのではないか。
自覚ができたなら、行動に移さないとねー…。

8月はキライ、大好きだった人との別離を思い出すから。
11月はもっとキライ、大切にしてくれた人を裏切った贖罪。
12月になると夕日眺めてダイブする須磨寺雪緒みたいな人生やその瞬間だけでも愛してくれる麻生明日菜、恋や愛に浮かれる人たちがいるけれどたかが恋程度で別れる人も居るかもしれないと思わせてくれる葉月真帆みたいな子がいるのかもしれない、と。

後、「それ散る」またやりたいな、あ、勿論オリジナル版ですよ(真顔)
ずっと「天いな」や「C✝C」、「WA2」を引きずってるのかもなぁ。あーこういう自分すっげぇ嫌だ。キライ。
いつものなんにも考えていないようでふわふわして、オタオタしいブログ書いてこのエロシーン抜けるーって酒片手にエロゲしたいよ。
ああ、冬が来る。

Copyright © 2016 ブログ名 All rights reserved.