すみれ レビュー

リアルとネットの境界線

f:id:LikeLife:20160924212057j:plain

総評

すみれ

すみれ

シナリオ雑感


人間誰しも裏表を持っていて、特に好きな人には好かれたいし、嫌いな人でも露骨に嫌な態度を取らない、それでも八方美人でも好かれていたい、安心していたい、でもいつもそういう気持ちでいられるわけじゃない、人間だもの。
どこかその矛盾というか澱みを吐き出すところをネットに持ってきた人って居ると思うわけですよ。
自分も「初芝すみれ」や「佐々木雛姫」、「篠原あかり」に共感するところがあってなんとも言えないところもあったりするわけで。
初芝すみれちゃんは「ハッキリ」とした題材、佐々木雛姫に関しては「誰かを失うことの恐怖感」あかりに関してはSF(すこし不思議、少しファンタジー)に為っててうーん、なんとも言えず。
すみれのエピローグにしろ、雛姫にしろもうちょっと個人的には突き詰めてほしかった部分もあるんですけどね。
例えばすみれルートラストのブチギレすみれの後とかね。
えー…すみれちゃんには可哀想なんですけどあそこからスクールカースト最底辺に堕ちてってどん底、って展開も有りっちゃ有りなのかもしれません…。
まだすみれちゃんはスクールカースト底辺では無いね…。ただいじめゲーじゃないからそこら辺はさじ加減と言うかな。
個人的な体験として。
雛姫はなんというか主人公がすみれルートの主人公と真逆と言っていいほどギャルゲ/エロゲの主人公しててちょっとこう、違和感。
普通の病んでる?ヤンデレ?ヒロインの心を溶かしていくにはまぁ直接アタックが正しいと思うのですけれど、雛姫とすみれに対する性格の違和感がパないって言うのはあったかなー。後、絶対雛姫ルートで母親の顔を表示させなかったギミックと言いますか、演出なのですかね、すごく好きです。
でも雛姫ルートが好きかどうか考えると無い。普通のヤンデレエロゲヒロインルートなら好きに慣れただろうけれども。
ラストのあかりさん、SF(少し不思議)になりすぎてるよーって気も。主人公として行動するシーン無かったし、あくまでストーリーを読み込む、読ませるルートって感じでありまして。
どこからが夢でどこからが現実なのかかなり不確かさを練り込んでて個人的にすーっとするゲームではないなぁと言う印象。
いや、断片的に切り取ってみれば幸せなのかもしれないんだけどね!!?
細かい伏線を張っていて尚且つキャラ同士の見えない伏線も回収しているのだけれど、なんかやりきれない感が大変漂うゲームでした。
すみれFDやらないとなんかこうやりきれないのでは…。
ある程度昔のゲームですが「こころナビ」を思い出したり。
あっちも仮想現実と現実の境目でやりきれない少年少女たちの不器用なやりとりしてたよなー…。
こころリスタ!やんないとね

システム・ボイス

Nscripterですね、Nscripter
シナリオ読ませるためだから別に最低限のシステムで良くね?って感じだと思いますけどちょっと古いかなー。まー「銀色完全版」よりは
まきいずみお姉さんとこおりさん最高だー

CG・Hシーン

雛姫が屋上の手すりに座ってるCGがたまらなく好き。
後、傘の中一人佇んでる(?)雛姫。
あれ、雛姫関係ばっかだ。
あーうん…エロシーンはいらない…あんまり必要性は無かったかなぁと。

おまけ

「みずいろ」の日和ルートが出来たのはある意味懐かしい気分でした。
えーとリアルすみれちゃん年齢?もっと下?の時代ですね、あっPS2版ですよ
あ、ここでエッチすんのかーとかそんなのに感動していたレベルです。
後はナルキッソスかなぁ、最も無印と2しかやってない、最近のは知らないレベルなんでなんともなんですけども。
あー後、SNSでリアルもオンも私は私!って人には向かないだろうなぁと。
ある程度大人じゃないとプレイしても疑問しかわかない気がする、特にSNSと根っこからくっついてる人だと

Copyright © 2016 ブログ名 All rights reserved.