月影のシミュラクル -解放の羽- レビュー

f:id:LikeLife:20170408090335j:plain

月影のシミュラクル-解放の羽- 初回限定版

月影のシミュラクル-解放の羽- 初回限定版

総評


ミドルプライスだけれどもしっかりじっくり中身は有る作品…なんだけど、なんというか話が薄い気がしてならない。
少なくともライト体験版よりは内容がマシになっている(当然なんだけど)けど、それでもなんとなく話が薄っぺらい気がしてなーとなんか消化不良気味なところ。
OHPには「ライトビジュアルノベルの三倍!」って謳っているけれどやっぱり三倍であってやっぱり内容は薄いし、もっと零の葛藤とか紅の葛藤とか如月分家の話とか広げられる部分があったような気がするんですけど、サクサク読み進められるせいもあってあんまり印象に残らない感じ。
桐月先生×オダワラハコネ作品は「みあそら」、「コンチェ」、「シンセミア」、「はなのの」と一応全部やっては居るものの、一番サックリ話を読み切って一番印象に残らない作品かもしれない。現代人が長々エロゲに時間割けないから短くしたのか元々短かったのか不明なんですけど、読むのはざっくり読めるのは良し、だけども特化して何かに響く作品じゃあない、これがポイントかなぁ。
…面白くないわけじゃないんですよ?
個人的に紅の存在が自分の中で受け付けられてないのかもしれない。ほむ。

シナリオ

紅の為の紅のゲーム
結局紅が気にいるか気に入らないかで話が変わってくるような気がしてならない。
零ちゃんとか一葉とかキャラ性は良かったんだけどなぁ。良かったよ?
一葉と紅の契約関係とかゾクッとしたんだけど、それがそれでそのまま終わってしまうし、下手すると零が館に火を放つよって決意が伺えたり、うん…。
初回ルートでなんだこれ!ってつかみは良かったのにそのまま尻込みしてしまった感じが半端なくてどーも。
紅が気に入れば面白く感じたんだろうけどなー。
後、ホントものすごいサクサクサクと読めちゃいます。それも残念かなぁ…。

システム


ワムソフト版吉里吉里
問題なし。立ち絵で遊べるのは相変わらず。

CG・Hシーン


まぁ期待してはない。
美優ちゃんは何故ああなっったんだああああああああ!立ち絵で作れってことですねわかります。
ある意味、如月との因縁関係ないヒロインなのでサブヒロインさせないか、平穏娘ってことの象徴でただイチャラブさせて欲しかったなー…。
はなののみたいにイチャラブ特化フラグメントがあっても良かったのではないのかなーと。

Copyright © 2016 ブログ名 All rights reserved.