読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピエタ 幸せの青い鳥 レビュー

幸せの定義は人それぞれなんだよな

f:id:LikeLife:20151226002504j:plain

総評

プレミア化してるノスタルジックゲー。
ディスクレス不可、パッチ当てないとEDが見れない、パッチ入手するのが面倒くさい(フラシャ公式から落とせないので)、実質ヒロインが唯・律(+おまけ)程度で話が短い、エロシーンが微妙とか様々な問題は有りますが、唯(唯・律ルート)の破壊力の高さは異常。
「幸せ探し」がメインテーマだったみたいなんですけどその前段階?ですね、元友人との和解も含めてますし。
後、旧家の没落かな。来栖川にとっても業原にとっても、です。

シナリオ雑感

ファーストプレイではあんまりオチの予想がついてない感じだったので「律」エンドはちょっと驚いた。
元旧家のお嬢様って事もあってまぁまぁ律に関しては嫌いじゃないし、彼女にとって携ものが無きゃ業原のいじめに耐えられるわけねぇよな…って目でも見つつ、まぁ「天使様」の活躍は驚いた。流石、唯が接触を止めただけある人物。
といっても「愛」エンドも視点が変わるだけだし、愛の子ども思考についてくのは若干キツイものがあったかな。
「唯」ルートはひたすら律と愛の視点を変えて見る感じ。
もうね、なんつーか結局、唯様が儚くて美しすぎる。悪役なんだけども唯様の葛藤がたまらないものがあった。なんで来栖川姉妹を憎むか、とかね…。
そこからの和解がたまらない。

とにかくキリスト教。とにかく神様…神様…って縋ってる。
その儚さとか薄幸さ、幸の薄さには生まれた環境に関してはものすごい同情的に見えるけど、エロシーンだとひたすら萎える。やたら前向きだしな。
神が許すわけないのです!みたいな。
さっさか心が折れちゃえば別の視点から見て面白かっただろうけど折れなかったからうーん…。
業原のオッサンが律・愛姉妹に性的な嫌がらせはするけどそれ以上しないって…もうちょい不幸でも良いんじゃないっすかね。
「宗教にハマる人の特徴!」で

1. 真面目で純粋な人
2. 自分のことを信じてくれる人がいない。(愛は妹兼娘みたいなもんですしなぁ)
3. 信じるものがない。(業原の家でのイヤガラセ)
4. 理想、願望、正義感が強い。Exactly(そのとおりでございます)
5. 何かにすがりたい。
6. 親の教育
7. 科学的な思考に乏しい。

そのとおりでございます以外の言葉が出ない。
ただ、絶対、自分の置かれた状況を不幸だと思わない、咎めない、憎まないという強固な根性はキリスト教精神に則ってるんじゃないかなー…。

律が宗教家ならこっちは幼さゆえの無知
正直、見ていて痛い。見かけもロリだしなー。
忍夫との恋愛事情も見ていて辛かった。ねえちゃんと富さんの状況から少しは空気読もうぜ…お前は余裕ぶっこいて恋愛してんのか…っていう気が抜ける対象。
後、唯のいじめ対象なんだけどどうも唯を憎むことが出来ないですよ…。
愛が天真爛漫で悪意が無くてロリ体型でいろんな人から色んな意味で愛されてたらそりゃ憎しみの対象になりますわなぁ…って感じは否めない。
それとテーマがやたら明るい「愛の亡骸」でちょいちょいイライラはした。
ラストは律エンドの愛より、愛エンドの律の方が納得できるかな。

律(愛)姉妹の裏側とか真相に業原の近い部分を直接見れるルート。
業原自体、実娘ということもあってそこそこ良い父ちゃんしてるという…。悪いやつではないよね…。
でも、唯は思春期特有の父親嫌いや遊行してる義母を見てると、純粋・純朴・誠実な子で育てられてる姿を見てると自分の生まれも憎く感じてしまう訳で。
そりゃ好意を抱いている先生がロリコンで自分の未発達な身体が好きだったり、知的障害があるけれど自分の事だけを見てくれる弟との関係性を愛に盗られたらそりゃ憎いですよ。
最後の最後で私は業原唯を辞める、と言い出し律・愛ルートで見れなかった兄の残虐性をハッキリ村の人々に知り渡らせたところと愛ちゃんだけでも…と二人のことを思い続けて、村から姿を消す唯は儚すぎて逆にたまらねぇですよ。
特に愛ルートやった後だと不幸萌え感が無かったんですけど、唯のパンチ力は偉大ですわ。
兄との対立も含めてやっぱり唯がTrueだよなぁ。
その上での律・愛ルート、

律っちゃん、愛ちゃんごめんなさい
それでもこんな私を許してくれて本当にありがとう
あなた達の事嫌いじゃなかったのよ

来栖川姉妹と共存して生きていくエンドもあっても良かったかなー…でも無理だろうなー…
来栖川姉妹の持ってるものと業原唯の持っているものはお互いがお互い欲しがってるもので、絶対的に手に入らないものなので。


システム・ボイス

FlyingShineは過去CD版のC✝Cの永遠ループ(みみ先輩と地獄の一週間を過ごし、その後冬子とめちゃ甘な一週間を過ごす所謂無限ループ)に陥ってシナリオ進めるの困った覚えがありましたけど、今作もちゃんとパッチ当てないとラストルート見れないらしいですね、だめじゃん!
それとデフォルト直下にインストールしないとパッチが当たらないとかそういう細かい仕様も有るらしい。
視点選択肢でセーブ出来ないのも痛いかな。
後、収録環境がものすごい悪いのか文字ウェイトが出てからの音声+律のはかなげな声が聞き取りづらかった。ボイスウェイト絶対あるよ。
んでボイスー…せめて業原のとっつぁんだけは声欲しかったなー。後はまぁ天使様。
結局、業原一族と来栖川一族の話なんで、なぁー。
それと唯ルートからの律・愛エンドは逆でも良かったんじゃあないかって気はします。

CG・Hシーン

「さよ教」の長岡建蔵氏。
まぁ美しい。さよ教は…自分がさよ教やれるほどメンタル強くないんで多分無理。
律の差分がアホっぽくて好き。
Hシーンはまぁおまけ…以下かな…。
姉妹の境遇からもっと村住民の陵辱とか輪姦とかあっても良かったと思うんだけど、業原のとっつぁんが姉妹に対して本番行為ができないフニャチン(事実)なのでなんとも。
来栖川姉妹を性的なイヤガラセ程度にしてるのはまぁ彼女ら姉妹の出自が問題なので…。

その他

プレ値ついてますけどプレ値に相応しいかふさわしくないか正直分からない感じです。
個人的にすごく好き、だけど万人受けする感じじゃない、そして値段…となると勧めづらい。
天いなとかはワンコインで買えるんで全力で勧めますけどーぉー。
そしてフラシャがガチでFlying社員してるとは思っても見なくて、あ、おおう…。

Copyright © 2016 ブログ名 All rights reserved.